すこやか中毒〜いえがものブログ

健康ブログ/禁酒漫画や日常漫画、あれこれ、転載禁止です

禁酒165 緊急事態宣言の夜長に〜ガスタンク解体方法

緊急事態宣言が延長されることが決まり、

続く長い夜。

f:id:sukoyakagamo:20210511194023j:plain

画像検索大好き!

暇つぶしにはもってこいですよ。

暇も潰せて、知識も身に付く。

使える知識かは別にして。

 

↑マンガ2コマ目の怪獣はベムスターです。

ガスが好物のウルトラ怪獣ですね。かわいいですね。f:id:sukoyakagamo:20210511194950j:plain

酒を飲まないと夜が長い!

以前は夜、スポジムに行ったりしていましたが

今は、新型コロナのせいでお休みです。

どうにかしてこの夜長を飲まずにやり過ごさねば…

 

もう去年の緊急事態宣言から一年が経ちます。

去年の今頃は…

やっぱりコロナのことをブログに描いていました。

sukoyakagamo.hateblo.jp

去年の今頃は、コロナコロナで

今年もコロナコロナです。

まったく嫌になりますね。

禁酒164 サツマイモは免罪の味、芋焼酎の効果は誘惑のワード。

サツマイモブームとテレビは言う。

f:id:sukoyakagamo:20210422203918j:plain

禁酒前は

芋焼酎は身体に良い』

ってことを、心の拠り所にして日々飲酒してました。

 

芋焼酎は体に良い、

だってあの身体に良いと言われるサツマイモが

原料なのだから。

 

それはまあ、真実なのでしょう

問題は量なんですよね。

【過ぎたるは及ばざるがごとし】

 

私はね、一旦飲みはじめるとね

歯止めが利かなくなっちゃってね

【過ぎるなら、過ぎるまで、過ぎよう、過ぎるだけ】

になっちゃうの。

だから芋焼酎だろうとなんだろうと

全て止めるしかなかったの。

禁酒163 ストロングゼロ文学についてのあれこれ

前回、ストロング系チューハイについて紹介したので

それに関連したお話を。

sukoyakagamo.hateblo.jp

f:id:sukoyakagamo:20210410203810j:plain

↑一コマ目の人物はプロレタリア文学では

もっとも知名度が高い葉山嘉樹です。

【セメント樽の中の手紙】という作品がよく

国語の教科書に載っておりやすね。

プロレタリア文学とは、労働者の哀悲をえがいた文学で

1920年代、戦後恐慌の頃、世に多く出ました。

これの現代版と呼ばれるのが

ストロングゼロ文学です。

主な発表の場はネット。

全体的におちゃらけた作品が多かったのは事実です。

しかし、

真面目に貧困を語ると

ストレートに苦痛をうったえると

どこからともなく

“自己責任論”の矢が飛んでくる。

笑い、というのは一種の防衛手段のような

気がするのですよ。

実写映画モンスターハンター/ネタバレ感想

ひと狩り行こうぜ!

f:id:sukoyakagamo:20210331193119j:plain

私はまったくモンスターハンターを知らない。

原作のゲームについて

『ハンターがそこらへんにいるモンスターを狩って金にする』

というくらいの認識しか無い。

その認識は間違っているかもしれないが……。

なぜモンスター退治が金になるのか?

沖縄の一部に、市民がハブを退治して役所に持っていくと

三千円くらいもらえる場所がある。

そんなかんじのシステムなんだろうと思っている。

その認識も間違っているかもしれないが……。

そんな私だけど

実写版映画モンスターハンター見に行ったよ!

ひと狩り行こうぜ!

f:id:sukoyakagamo:20210331193200j:plain

たいしたネタバレはありませんが見たくない方は

ここで撤退をお願いします。

続きを読む

禁酒162 現代といえばこれ!/ストロング系チューハイの歴史

昼間っからキメている人が持つ酒の

流行り廃りを追う持物の遍歴3。

ストロング系チューハイ編。

 

ストロング系チューハイの始まりは

KIRINの【氷結ストロング】のようです。

注意!

マンガ一コマ目の氷結ストロングは2019年以降のデザインです。

また2008年発売当時は9%ではなく8%だったようです。

ごめんなさい。

f:id:sukoyakagamo:20210327222737j:plain

すっかりストロング系の代表となったストロングゼロ

翌年、2009年誕生です。

 

同じ商品でも、

パッケージが変わったり

内容にマイナーチェンジがあったり

ややこしいので歴史を追うのが疲れやすね。

 

新たに生まれた商品も多いですが

消えた商品も多いです。

 

全体的に、強さを求める声はより強く、

逆に、健康ブーム&酒離れから【ほろよい】系

3%前後の微アルコール酒の需要も増え、

二極化が進んでいる感じです。

禁酒人としてはノンアルものを充実させてほしいですね。

 

皆さん、くれぐれも、お酒購入の際は

度数の確認をお忘れなく。